参加者の声

平成25年3月 ステップ1 受講者の声

●今の自分が、このままで良いのか。妻として母として、一区切りついた筈なのに、まだまだ夫や息子からオファーが続いています。もう静かにしてほしい、楽になりたい。
神様の家財は、これでもかと私に、終わりのない重荷を与えて下さる。
喜びで迎えられる様に、重荷を軽くして歩ける様に、私は私を大切に、大事に明日からを歩いてみる努力をします。
(傾聴ボランティア Y.T)

●“人との出会い”の大切さを改めて感じたセミナーでした。
 皆さんの育ってきた中で、それぞれの家族・両親との問題を抱えておられるのを聞き、いかに、私は両親に愛されて、サイコーの家族の環境の中で育ってきたのか、只々両親に感謝です。先生と出会えたことにも感謝! 
(傾聴ボランティア R.S)

●人の為に生きているのではない。自分の為に命を授かったのだ。自分の心に正直になろう。M.Kさん、あなたはこの世でかけがえのない1人の存在です。あなたは素晴らしい人です。自分を大切にできたら、きっと、周りの人も大切にできます。
本当の幸せは何か。自分を大切にするって何か。それを学んで下さい。これから未来ある私の子供が幸せになる事を願うなら。 
3日間ありがとうございました。
(看護師 M.K)

●私はよく勉強しているし、せずにいられないという探究心に恵まれている事も感じます。
それでも、なかなか手応えを感じられない事に、焦りや不安も感じている。過去を受容していく事に辛さ、苦しさ、息が詰まりそうになるけど、その分豊かになっている事も確かです。心はなかなか解放してくれまん。
自分を大切な存在だと、心から想いたいです。すごく良い3日間で、気付きも多かったです。これを見つめ直し、次のStepに進みたいです。 
(主婦 M.O)

●私は、今回来るにあたって、職場のスタッフに辛く当たられ(た、と思い込んでいる)、悲しくなり、うつ状態になり、仕事を辞めようか悩んでいました。セッションの受ける事で、自分の陥りやすい傾向(固まってしまう、閉じこもってしまう)に気づきました。
私は、今、さなぎの状態。川の葉が詰まって堰き止められている状態。今は色んな事が表面化してきて、すっきりされていませんが、いつか、蝶の様に羽ばたき、綺麗な流れが出来るようになれる、と思いたい、思います。
まずは+のストロークをあちこちに出していく事から挑戦します。
(訪問看護師 M.O)

平成24年3月 ステップ1 受講者の声

●講義、ワーク、分かち合い、受講生との交流を通して、体全体で受け取った物の大きかったところに『個人が癒されなければ』と先生が言われた言葉を深く納得しました。全く自然体とは言えませんが、私を不自由にしていた構えや怖れ(自分ではそう理解していました)が、小さくなった研修でした。皆様から頂いた良いストロークの言葉に背中を押され、人と会い交わることを楽しみに自信を持って生活していきたいと思います。大切なことを得ることができた有難い研修会でした。
(50代 女性 臨床パストラルケアワーカー)

平成23年10月 ステップ4 受講者の声

●ステップ4を受け、私のスピリチュアルな領域に変化が起き、ぎこちないながらも実生活に変化が起きています。子供との関係の中で使っていたファイトトークから抜け出せ、また、ファイトトークでは子供に何も伝わっていない、という事実を知りました。私にとっての大きな学びは、私の中にすでにあるスピリチュアルな領域にハッキリ気づいた事でした。苦しんでいる私に、“それでいい”と感じています。
(30代 女性 訪問看護師)

●私が「ステップ1」を受講したのは7年前。学びを続ける中で1年ほどの中で、母と甥の死を経験しました。今回のステップ4の受講で「傾聴してもらう側」を経験し、2人の死は乗り越えたと思っていたのが、甥の死へ強い悲しみがある、という事に気づき、楽になりました。
“答えはその人の中にある”ステップ4まで終えて感じる事は、スピリチュアルケア(魂に語りかける)とは、自分の魂を大切にして行くことから始まり、積み上げていくことではなく、いかに手放す、捨てていけるかだと。傾聴とは、魂で聴くということ。そして、答えは相手にあると信じること。ステップ4を終え、あえて、“今”、零からのスタートです。
(40代 女性 看護師)

●今回の目標は、自分の中の解決すべき課題を明確にし、それと実際に取り込んでみる事、自分の成長を図る、ところにありました。課題があるにもかかわらず、放置している。課題を避けて通る事で課題が問題化してくる。自分自身のスピリチュアル、構え、自己防衛が働き、自分を窮屈にしていたのではないか、と思いました。認め・気づき・受け入れる事・基本的な深い信頼と気づき・導きを頂きました。有難うございました。
(60代 女性 スピリチュアルケアボランティア)

●初めてステップ1に参加してから約4年、確実に身に付いてきたかなと、思えるものもあります。がまだまだ深さが足りないと感じています。「ここからがスタートだよ。」とおっしゃった先生の言葉は、本当にそうだと実感しました。この学びを通して、自分の事を受け入れ、愛する事が出来るようになった事も大きかったです。以前であれば、忘れてしまいたい事や無かった事にしたいと思っていた出来事でさえ、“私には必要なことだったんだ”と今は思う事ができます。多くの人の魂が癒されるよう、その場・その時・その人に誠実に向き合って行きたい、今はそんな思いで、いっぱいです。どうもありがとうございました。
(40代 女性 看護師)

平成21年 ステップ2「スピリチュアル・ケア論」受講者の声

●自分の記録に対してコメントいただけるのもありがたかったですが、姉妹方の記録とコメントは大変勉強になりました。特に心に残ったのは、傾聴に対して、「あなたの話は聞く価値がある」という思いで聞くことの大切さに眼が開かれる思いでした。
(40代女性 牧師)

●スピリチュアル・ケアについて、やっとようやく、つかみかけた気がしています。頭で理解しようとしていたことが、そうではないということ、そのことにハッキリ気づきました。自分自身の内にスピリチュアルな次元をもち、寄り添うこと、結果は自分が作り出すものでないこと、解っているようで私自身はつかみ取れていなかった、そのことに気づいたことが有益でした。もっと自分を深めていきたいと思っています。
(50代女性 スピリチュアルケアワーカー )

●多くのことを学ばせて頂きました。講義では、共感させて頂くことが多く、会話記録に関しては、解放され自由になりました。そして、自分を深く知ることの大切さを教えていただきました。今回、あまり自分を明るみに出しませんでした。出したくないと感じていました。まだ、自分で気づいていない自分自身を知りたいと思っています。
(50代女性 スピリチュアルケアワーカー)

●「スピリチュアル」という言葉のもつ意味を考えることがよくありました。まだ、理解できているとは言い難いですが、日々をどのように過ごすのか、意味あるものとして毎日を生きていくとはどういうことなのかなど、少しづつ、自分なりに理解できてきたように思います。自分に起こったことについて、以前なら「何故わたしに?!」と思ったことがありましたが、今は、その先、例えば、私に起こったことの意味、私の役割などを考えるようになりました。私に出来ることは、まだほんの小さなことばかり。それでも、それらを誠実に実行していうことで、たどりつけるところがあるのだと感じています。感謝の気持ちを忘れずに持ち続けたいと思います。
(30代女性 看護師)


平成21
年2月11日(祝)講演会アンケートまとめ

●思い込みのカラをぬいで問いかけていくこと。自分と現在・未来は変えられること。理論的でむずかしい内容かと心配しましたが、話しやすく和らいだ雰囲気で学びやすい・話しやすい講演でした。
(50代女性 介護老人保健施設ケア・マネージャー)

●自分をしどろもどろでも言葉に出すことが大事だと思いました。相手の思い込みをなくすため、確認することも大事なんですね。ありがとうございました。
(60代女性)

●すでに講座を受けていますが、お話を聴くたびに気づくことがあります。今回も、今直面していることへのヒントを得ることができました。私たちは、いろんな人間関係の中で生きているので、それなしには語れないと思いました。職場・家族・いろいろ直面していることがあり、それらの解決のヒントが得られるよう、今日のようなお話をまたしていただければうれしいです。
(40代女性 看護師)

●あっという間に16時になってしまいました。自分や他人の感情に敏感になるということ、日々の生活の中で大切にしていきたいです。
(40代女性 看護師)

●新婚当時に夫との間で起こったことを話したら、涙が出てきて今日初めて「未解決の課題」だということがわかりました。2人組で話し手になった時は「今なら冷静に話せる」と言いましたが、再構成を書いてみて、「本当に冷静に話せるのか?」という一抹の不安があること、「いっそのことその時の怒りや悔しさをそのまま表現した方がスッキリするかな?」等と揺れ動く自分を再発見しました。今日、この場にいられたことを本当に感謝します。
(40代女性)

●何もわからないまま参加しました。単発でこのような機会が与えられれば参加したいと思います。
(70代以上男性)

 

平成20年8月 ステップ I の参加者(4月のステップ1受講経験あり)

●前回初めて学んでから、今回受講までの9ヶ月間で、時間の経過と共に新たな発見があったり、学びが深まった事もありました。言葉にするのが難しいですが、今回の受講で、自分の中にあるもの(入ってきたもの)の輪郭がよりはっきりしてきたように思います。最近は、自分が経験として持つ事ができた感覚を思い出しながら話を聞かせてもらうようにしています。傾聴の難しさを感じ、同時に今までとは違うものが自分の中で動いているのも感じます。これからの学びは更に難しくなるかもしれませんが、しっかりと自分の身・心となるよう、時間をかけながら取り組みたいと思っています。  
(40代女性 訪問看護師)

 

平成20年4月 ステップ I の参加者

●家族関係において、猛烈な危機感を感じ、参加しました。3日間の講義やワークで、本当に腹にビシビシくるような感じで、良く解りました。自分は思考過剰な状態で、「I know You know」が狭くなっていましたが、お互いの気持ちや意図・願望が明確となり、本当の意味でこれから家族で力をあわせてやっていくスタートラインに立てたと、感じています。クニエダマジック、凄すぎます。
(30代男性 会社員)    

●色々な家族の問題に対し、先生の一生懸命指導して下さいましたことに、感謝します。自分の価値観、先入観で相手を判断せず、まずは相手の言う事を、全部素直に受け入れ、何を言おうとしているのか、しっかり聞く事、「十(プラス)」のストロークを投げかけ、良い流れを作ってゆこうと思います。
(60代女性 主婦)

●前回(平成18年11月)とは、自分の物事の捉え方が変わっている事に、驚きました。少し、プラス思考になっていました。違うシュチュエーションの方の問題の根本は、同じ様なことである事に、驚かされると共に、大変勉強になりました。
(40代男性 会社員)

●「私」というものをもっと見つめ直す、本当は何に引っかかっているのか、本当の所は何処にあるのかを、1つ1つ探すような充実した時間が持てました。4日前の私ではない事は確かです。今後、何かのチャレンジャーとなり、少しでも成長していきたいと切に思っています。ありがとうございました。 
(40代女性 訪問看護師)

 

平成20年 講演会参加者の感想

参加のきっかけ・・母親の付き添いのつもりが個人参加になりました。
●心のつっかかりが、取れた気がします。 
(10代 男性 大学生)         

参加のきっかけ・・タウンホールに貼り出されていたチラシを見て、「聴くと聞くの違い」「自分の事を好きになる」というテーマにひかれました。
●事柄でなく、本質をつかむこと。それには相手の願望や感情を理解し共感することだ、と学べました。ありがとうございました。  
(30代 男性 元学童指導員)

参加のきっかけ・・職場の上司の話をきいて、興味をもちました。
●自分自身を見つめ直す大きなきっかけになりそうです。  
(40代 女性 看護師)

参加のきっかけ・・「自分の事を好きになろう」のテーマにピッタリときたので。
●今日、自己開示を少しさせて頂き、心がスッキリし、また自分の幸せに気づく事ができました。本当にありがとうございました。
(40代 女性 保育士)

参加のきっかけ・・知人から教えてもらって。
●今問題を抱えていて、そのことを違う方向から考える良いきっかけができました。これからも学んでいきたいと、強く思いました。ありがとうございました。
(40代 女性 建築士)

参加のきっかけ・・家族関係を改善したいと願い、参加させていただきました。
●難しかったところもありました。
(60代 女性 主婦)

 

ページTOPへ